イベント

アーカイブ

2018年6月20日 更新New!!

No.861:美術ファン必見!「高野山金剛峯寺 襖絵完成記念 千住博展」 全国初公開、障壁画(襖絵、床の間)44面

No.861:美術ファン必見!「高野山金剛峯寺 襖絵完成記念 千住博展」 全国初公開、障壁画(襖絵、床の間)44面

 2018年6月9日(土)から、富山県美術館で「高野山金剛峯寺 襖絵完成記念 千住博展」が開かれている。世界遺産・高野山金剛峯寺(こんごうぶじ)に奉納する障壁画(襖絵、床の間)44面を全国に先駆けて富山で初公開。このほか、水の流れに色を付けた《フォーリングカラー》(2005年)など約30点を展示。日本画の新しい可能性を模索してきた千住博氏の40余年にわたる創作の軌跡をたどる。会期は7月29日(日)まで。  →続きを読む

2018年6月6日 更新

No.859:とやまで「くらし・しごと」―7月に東京でとやま移住・転職フェア開催!

No.859:とやまで「くらし・しごと」―7月に東京でとやま移住・転職フェア開催!

 2018年7月8日(日)、富山県は東京有楽町・東京交通会館で「とやま移住・転職フェア~暮らす働く 富山まるごと相談会2018~」を開催する。県内全市町村コーナーや、その市町村に移住した先輩移住者コーナー、県内企業20社合同の仕事紹介コーナーなどを常設。富山の魅力PRセミナーやUIJターンした先輩社員との座談会など盛りだくさんの内容で、富山の「くらし・しごと」に興味のある人はぜひ訪れたい。併せて、日本橋とやま館の開館2周年フェア<6月24日(日)まで>の話題も紹介。  →続きを読む

2018年5月9日 更新

No.855:この秋開催!「ねんりんピック富山2018」、県庁カウントダウンボード設置

No.855:この秋開催!「ねんりんピック富山2018」、県庁カウントダウンボード設置

 2018年11月3日(土・祝)~6日(火)に県内で開催される第31回全国健康福祉祭とやま大会(ねんりんピック富山2018)。カウントダウンボードが県庁正面玄関に設置されるなど、開催気運が高まっている。総合開会式・閉会式や、期間中のイベント概要、富山米の新品種「富富富(ふふふ)」や高志の紅ガニなど県産食材をふんだんに使った昼食弁当などの話題も紹介しよう。  →続きを読む

2018年4月25日 更新

No.854:海王丸パークに「展望広場」誕生!!~GWは富山へ

No.854:海王丸パークに「展望広場」誕生!!~GWは富山へ

 帆船海王丸を係留・展示する海王丸パーク(射水市海王町)に平成30年4月11日、「展望広場」がお目見え。富山新港開港50周年に合わせ、県が整備したもので、富山湾や立山連峰、富山新港、新湊大橋、帆船海王丸などを一望できる。GWには、ちびっ子天国in海王丸パーク、海王丸の総帆展帆など毎年恒例の楽しみなイベントも開催。海王丸パークから、県内の観光地やイベントを周遊しよう。  →続きを読む

2018年4月18日 更新

No.853:「とやま帰農塾」開講―田舎暮らし、農林漁業を体験しよう

No.853:「とやま帰農塾」開講―田舎暮らし、農林漁業を体験しよう

 今年も「とやま帰農塾」が2018年6月~来年2月、県内8市町で開講する。笹川塾(朝日町)、五箇山なぎ畑塾(南砺市)、灘浦塾(氷見市)など10講座。農作物の種まきや収穫、草取り、郷土料理づくりなど、富山の田舎で「農のある暮らし」を体感するディープな3日間となる。農林漁業の体験や食文化に興味のある方、地域との交流、富山への移住のきっかけに!  →続きを読む

2018年4月4日 更新

No.851:春爛漫、うららかな日射しを浴びて、春は富山へ

No.851:春爛漫、うららかな日射しを浴びて、春は富山へ

 桜の開花が早まり、春が急ぎ足で訪れたような日本列島。春の富山は全国に誇るイベントが目白押し。陽気に誘われて、全国で唯一のチンドンコンクール、全線開通の立山黒部アルペンルートや、立山・雪の大谷ウォーク、となみチューリップフェアへ。富山のさまざまな表情、大自然の息吹に触れてみてはいかがだろう。  →続きを読む

2018年3月7日 更新

No.847:待望の海上観光が今年は充実

No.847:待望の海上観光が今年は充実

 富山湾の春の風物詩、ホタルイカ漁。滑川沖で漁の様子を間近で見学できる「ほたるいか海上観光」が平成30年3月21日(水・祝)~5月6日(日)に開催される。一般乗船券の予約を受付中。今年は観光船が2隻体制となり、定員も増える。海面を青白く染める神秘の光を富山湾で観賞しよう。  →続きを読む

2018年2月14日 更新

No.844:富山の美酒に、心も体も酔いしれよう…「2018富山のガラスと新酒フェア」開催中

No.844:富山の美酒に、心も体も酔いしれよう…「2018富山のガラスと新酒フェア」開催中

 富山の地酒、新酒の魅力を発信する「2018富山のガラスと新酒フェア」の季節がやってきた<平成30年3月31日(土)まで>。富山観光とともに、富山駅で新酒を味わう「とやま 駅ナカ酒 BAR」、吹きガラス体験「MYぐいのみをつくろう!」、3月の「富山の地酒 新酒を愉しむきき酒会~ほくほく地酒横丁~」、「春の宵~新酒を味わう」などフェアならではのイベントにぜひ参加を。  →続きを読む

2018年1月24日 更新

No.841:高志の国文学館開館5周年企画展「竹久夢二 音楽を描く」

No.841:高志の国文学館開館5周年企画展「竹久夢二 音楽を描く」

 大正ロマンを代表する富山県ゆかりの画家、竹久夢二。高志の国文学館(富山市舟橋南町)では、開館5周年記念の企画展第4弾として、夢二と音楽の関わりに焦点を当てた「竹久夢二 音楽を描く」を開催中<平成30年2月26日(月)まで>。本展をはじめ、蓄音機実演、ヴァイオリン・ピアノコンサート、文学講座など関連イベントも楽しみだ。  →続きを読む

2017年12月6日 更新

No.835:工芸とアート&デザインの新たな可能性を発信!富山県美術館で2展を同時開催中

No.835:工芸とアート&デザインの新たな可能性を発信!富山県美術館で2展を同時開催中

 工芸の未来と可能性を創出し、北陸から“新しい工芸ムーブメント”を発信する「国際北陸工芸サミット」。そのメイン事業の「ワールド工芸100選」展と、富山県美術館開館記念展Part2として素材とその変容をテーマに「素材と対話するアートとデザイン」が富山県美術館(TAD)で同時開催されている<2018年1月8日(月・祝)まで>師走と年末年始は、富山で工芸やアート&デザインにふれるひとときを。  →続きを読む

ページの先頭へもどる↑