最新記事  

アーカイブ

2016年7月27日更新New!!

イベント

No.766:アートとアニメにふれる富山の夏のひととき

No.766:アートとアニメにふれる富山の夏のひととき

 2017年、富岩運河環水公園に新築移転する富山県立近代美術館。現美術館での最後の大規模コレクション展となる「ありがとう近代美術館PART1 マイ・ベスト×ユア・ベストーわたしたちのコレクション」を開催中<~平成28年9月4日(日)>。美術ファン必見の約100点の展示、美術家の講演など、観て、聴いて楽しめる内容。また、高志の国文学館の企画展「面白い箱!アニメづくりのスタジオの中へ」も併せて紹介。夏休み、富山で家族と一緒にアートとアニメに触れ、感性を磨いてみては。  →続きを読む

2016年7月20日更新

トピックス

No.765:富山駅前に新たな賑わい拠点、「ととやま」オープン!

No.765:富山駅前に新たな賑わい拠点、「ととやま」オープン!

 富山駅前CiCビル1階に、デザイン性の高い工芸品や地酒、薬、ますの寿し、スイーツなどを展示・販売する物産店「ととやま」が平成28年7月15日、オープンした。これまでビル5階にあった「物産センター富山」が移転リニューアル。駅南口前には「富山駅前 さかな屋撰鮮(せんせん)」もオープンした。観光物産拠点の相次ぐ開業で、利便性がさらに高まった。  →続きを読む

2016年7月13日更新

イベント

No.764:富山で学びの時間を!「とやま夏期大学」受講生募集

No.764:富山で学びの時間を!「とやま夏期大学」受講生募集

 毎年恒例となった「とやま夏期大学」が平成28年度は8月5日(金)~8日(月)に、立山山麓の立山国際ホテル(富山市原)で開催される。著名講師を迎え、質の高い学びと楽しみの場を提供する人気の講座で、避暑を兼ね、首都圏をはじめ全国から参加する受講生も増えている。今年の講師は川島隆太氏(東北大学加齢医学研究所所長)、山内マリコ氏(小説家・エッセイスト)、神野直彦氏(東京大学名誉教授<経済学>)、本木克英氏(映画監督)の4名。応募締切りは7月26日(火)。早めの申込みを。申込みの詳細はこちらから(http://webun.jp/pub/ad/2016/kakidaigaku/)。  →続きを読む

2016年7月6日更新

イベント

No.763:今夏、世界の子どもたちの熱い舞台、見に来て!

No.763:今夏、世界の子どもたちの熱い舞台、見に来て!

 “私たちが未来をきずく”をテーマに、「とやま世界こども舞台芸術祭(PAT)2016」が平成28年7月30日(土)~8月4日(木)の6日間、富山県民会館、県高岡文化ホール、オーバード・ホールなどを会場に開催される。世界5大陸23カ国・地域25団体、県外9都道県16団体、県内44団体<7月1日現在>が、舞踊、民話劇、パントマイム、ミュージカルなど国際色豊かで多彩な舞台芸術を繰り広げる。世界の子どもたちの熱い舞台を富山で鑑賞してみては。  →続きを読む

2016年6月29日更新

トピックス

No.762:薬都・富山を世界に発信!

No.762:薬都・富山を世界に発信!

 平成28年6月9日、医薬品の審査や安全対策などを担う独立行政法人医薬品医療機器総合機構(略称:PMDA)の北陸支部が富山県庁内に開所した。併せて、北陸支部にアジア医薬品・医療機器トレーニングセンター研修所を開設。国内有数の医薬品の生産拠点・富山県の知名度アップ、県内製薬企業の国際展開の推進などに期待が高まっている。  →続きを読む

2016年6月22日更新

トピックス

No.761:美の世界を富山市中心部で探究!刀剣にガラスアートを巡る旅へ

No.761:美の世界を富山市中心部で探究!刀剣にガラスアートを巡る旅へ

 国内有数の日本刀コレクションを誇る「森記念秋水美術館」がこのほど富山市中心部に誕生した。コレクションや、所蔵名品刀展、開館記念特別展などの情報を紹介。中心部には昨年夏に「富山市ガラス美術館」がオープンしており、文化施設によるにぎわい創出、街の活性化に期待が高まっている。  →続きを読む

2016年6月15日更新

トピックス

No.760:とやまの子育てを応援!とやまっ子お祝いパスポート発行

No.760:とやまの子育てを応援!とやまっ子お祝いパスポート発行

 子どもは地域の宝、未来への希望――県は平成28年度から、第4子以上の子どもが生まれた家庭をお祝いする「第4子以上誕生お祝い事業」を実施。知事からのお祝いメッセージとともに、提示すると県立の文化・スポーツ施設などの利用が無料となる「とやまっ子お祝いパスポート」が贈られる、全国でも県単位では珍しい取組みだ。家庭・地域における県の子育て支援の話題と併せて紹介しよう。子育ての環境が整った富山での暮らしを考えてみてはいかが。  →続きを読む

2016年6月8日更新

トピックス

No.759:世界が認めた富山の食-ミシュランガイド発刊!外国人個人向け動画も公開

No.759:世界が認めた富山の食-ミシュランガイド発刊!外国人個人向け動画も公開

 平成28年6月3日に『ミシュランガイド富山・石川(金沢)特別版』が日本ミシュランタイヤ株式会社から発刊された。県が制作を支援するWeb英語版も公開予定。また、県は、外国人個人旅行者向けに富山の自然や文化、食の魅力などを紹介する動画を制作した。国際交流員(CIR)が旅行者に扮し、県内各地を実際に旅しながら富山を紹介する内容。とやま観光ナビ (http://foreign.info-toyama.com/en/)を通して、動画投稿サイト「ユーチューブ」で配信中。  →続きを読む

2016年6月1日更新

トピックス

No.758:富山の上質な暮らしを発信!日本橋とやま館、いよいよオープン

No.758:富山の上質な暮らしを発信!日本橋とやま館、いよいよオープン

 6月4日(土)、富山県の新しい首都圏情報発信拠点「日本橋とやま館」が東京・日本橋に誕生する。富山の海山の食や伝統工芸品など、デザイン性の高い商品を販売するショップや、富山のキトキトの食材を使った和食レストラン、地酒を味わえるバーラウンジ、観光交流サロンなどを備える。飛行機なら約1時間、そして北陸新幹線によって2時間余りで結ばれた東京の交通網の中心で、富山の日常の“上質な暮らし”を提案する。  →続きを読む

2016年5月25日更新

トピックス

No.757:富山発!ロングヒットの「逆さ地図」、販売店舗拡大!

No.757:富山発!ロングヒットの「逆さ地図」、販売店舗拡大!

 県が発案し、南北を逆転させ、大陸から日本を見た地図「環日本海・東アジア諸国図」(通称「逆さ地図」)。従来の富山県刊行物センターに加え、平成28年4月から県立近代美術館、高志の国文学館などのミュージアムショップ、東京・有楽町のいきいき富山館などでも販売が始まった。また、この逆さ地図の発想を原点にして生まれた「日本海学」を学べる講座や親子教室に参加し、環日本海地域の自然や文化、歴史に触れてみてはいかが。  →続きを読む

2016年5月18日更新

トピックス

No.756:富山への移住を後押し!とやま移住応援団とカード「TSUKAENcha」

No.756:富山への移住を後押し!とやま移住応援団とカード「TSUKAENcha」

 富山暮らしに関心のある方の移住をサポートする「とやま移住応援団」制度がスタートした。レンタカーや引越、不動産などの事業者が団員登録し、割引サービスを提供する。富山くらし・しごと支援センター(東京・有楽町、富山市)で優待カード「TSUKAENcha(つかえんちゃ)」を交付してもらい、団員に提示すると、サービスが受けられる。このほど作成された定住ハンドブック『移住手帖』や、「とやま暮らしセミナーin東京」などの話題も紹介。  →続きを読む

ページの先頭へもどる↑