トピックス

アーカイブ

2019年 7月 31日 [ トピックス ]

No.918:北陸への旅で、夏の思い出づくりを!『北陸夏物語』発行

北陸三県と北陸経済連合会、JR西日本金沢支社で組織する北陸三県誘客促進連携協議会は、「日本の美は、北陸にあり。」キャンペーンを開催し、誘客促進を展開中。観光情報誌『北陸夏物語』を発行し、夏のレジャースポットやグルメ情報、イベントなどをPR<2019年8月31日(土)まで>。富山県内では、「水の国黒部 名水めぐり」、「神通川リバーアドベンチャー」などをクローズアップしている。
 併せて、県内イベントの「高岡七夕まつり」、「環水公園夏まつり2019」についても紹介しよう。

●夏休み、暑い日に名水めぐりへ


▲観光情報誌『北陸夏物語』
※電子パンフレットはこちらへアクセスを

 北陸新幹線開業4年目。「日本の美は、北陸にあり。」キャンペーンでは、「北陸への旅で、夏の思い出づくり」を夏のテーマに掲げ、各県の魅力を伝えている。観光情報誌『北陸夏物語』(A4判20頁、オールカラー)の表紙には南砺市・五箇山の「相倉合掌造り集落」の写真も掲載されている。茅葺の大屋根に緑の山々、赤い花…美しくてどこか懐かしい日本の原風景に引き込まれそうだ。

 「News&Event」では、No.910でも取り上げた8月23日(金)~9月23日(月・祝)、南砺市利賀村と黒部市で開催される「第9回シアター・オリンピックス」を紹介。利賀村を拠点に活動する劇団SCOTを主宰する鈴木忠志氏と世界の第一線で活躍する演出家や劇作家の優れた舞台芸術を富山で鑑賞する絶好の機会となる。

 巻頭特集では、「黒部の自然がもたらす大いなる恵みを体感」をキャッチコピーに、「水の国黒部 名水めぐり」、「くろべ牧場まきばの風 乳搾り体験」、「黒部ダム観光放水」を紹介している。「水の国黒部 名水めぐり」は、名水百選に選ばれた湧水地帯・黒部市生地地区の街並みと名水グルメを楽しむガイドツアーがおすすめ。暑い夏に冷たい清水で喉を潤し、名水仕込みの地酒、水だんごなどを楽しんでみては。

●神通川リバーアドベンチャー、ラフティングとキャニオニングを体感!


▲「アウトドアで大冒険を!」(左)
▲「北陸ならではの美食を楽しもう!」(右)

 夏はやっぱり外遊び! 「アウトドアで大冒険を!」のコーナーでは、富山の体験スポットとして、「神通川リバーアドベンチャー」を紹介している。立山連峰などからの急流河川が多い富山県。富山平野を南北に流れる神通川は、ゴムボートに乗って流れ下るラフティング、渓流を体ひとつで下るキャニオニングなどの川遊びスポットとして人気がある。水しぶきを浴びながら大自然との一体感を!

 「北陸ならではの美食を楽しもう!」では、夏にぴったりのグルメをクローズアップ。「黒部ダムカレー」は、ご飯をアーチ型のえん堤に、ルーを黒部湖に、トッピングを遊覧船に見立てたカレーライス。見た目も楽しく、スプーンで崩すのがもったいないほど。砺波平野の大門地区で寒の時期に作られる「大門素麺」はコシが強く、喉ごしも抜群。冷たい素麺で心身を癒してくれそうだ。

 富山県観光振興室では、「待ちに待った夏休み。親子で北陸三県へ。夏ならではのアウトドア体験やグルメで思い出を深めてください。お待ちしています」と話している。

●県内の8月のイベントをクローズアップ


▲「高岡七夕まつり」(左)
▲「環水公園夏まつり2019」(右)

 高岡の中心商店街を彩る大小さまざまな七夕飾り、風に揺れる短冊、ビアテラス、民謡踊り街流し、木遣・梯子登り、ラリーカー展示、ストリートバスケット大会…。高岡の夏の風物詩「高岡七夕まつり」が今年も盛りだくさんの内容で8月1日(木)~7日(水)、高岡中心市街地で開催される。すえひろーど(末広町)、御旅屋通りなどの商店街で、色とりどりの短冊や吹き流しで飾り付けられた高さ6~15mの青竹がアーチを描き、通りを華やかに彩る恒例イベント。夜には七夕飾りの提灯に明かりがともり、さらに幻想的に。自由に願いごとが書ける願い短冊コーナーも設けられ、最終日の7日には射水神社で願い短冊お焚き上げが行われる。

 8月15日(木)11:00~21:00、「環水公園夏まつり2019」が富山駅北の富岩運河環水公園で開催される。富岩運河の旧舟だまりを利用した水辺空間を中心に、両岸に高さ20.4mの展望塔を備えた「天門橋」、半円形のステージをもつ「野外劇場」などがあり、富岩水上ラインの運航拠点にもなっている環水公園。夏まつりでは、天門橋北側に縁日コーナーや環水マルシェがオープン。生演奏やパフォーマンスを披露する水辺のコンサートも開かれる。夕暮れ時には、水上ラインで園内を特別周遊するトワイライトクルーズも楽しみ。夜には「環水ミュージック花火inサマー」が行われる。音楽に合わせて約1,600発の花火が打ち上がり、夏の夜空を彩る。花火と天門橋のワンシーンはインスタ映えしそうだ。

 願いを込めた七夕飾り、夜空を華やかに染める花火…富山の夏ならではのまつりを楽しんでみてはいかがだろう。

問合せ

『北陸夏物語』について
●富山県観光・交通振興局 観光振興室 広域観光推進担当
TEL.076-444-3382
FAX.076-444-4404
http://www.pref.toyama.jp/cms_sec/1401/

「高岡七夕まつり」について
●高岡七夕まつり実行委員会
TEL.0766-20-0555
http://www.takaoka-st.jp/

「環水公園夏まつり2019」について
●富山県観光・交通振興局 観光振興室 コンベンション・賑わい創出課 賑わい
創出担当
TEL.076-444-4116
FAX.076-444-4404
http://www.pref.toyama.jp/cms_sec/1401/

コメント

その他のトピックス

ページの先頭へもどる↑