アーカイブ

2020年12月23日更新

トピックス

No.982:黒部市に富山県北方領土史料室オープン!/年末年始は東京の日本橋とやま館へ

No.982:黒部市に富山県北方領土史料室オープン!/年末年始は東京の日本橋とやま館へ

「富山県北方領土史料室」が黒部市コミュニティセンター(同市生地中区)3階に開設された。北海道以外では、自治体レベルで初となる北方領土啓発施設。元島民に関わる史料などを展示している。
 2020年もあとわずか。お世話になったあの方、親しい方へ、日本橋とやま館で年末年始の贈答品はいかが。  →続きを読む

2020年12月16日更新

トピックス

No.981:優良無花粉スギ「立山 森の輝き」、県外初出荷

No.981:優良無花粉スギ「立山 森の輝き」、県外初出荷

富山県が全国に先駆けて開発した優良無花粉スギ「立山 森の輝き」。このほど苗木が林業用として初めて県外に出荷された。県内では、昨年度までに約20万本が植栽されており、クリーンな森づくりへの期待も高まっている。  →続きを読む

2020年12月9日更新

イベント

No.980:ガンダム、立山を臨むー「富野由悠季の世界ーガンダム、イデオン、そして今」

No.980:ガンダム、立山を臨むー「富野由悠季の世界ーガンダム、イデオン、そして今」

アニメ界の巨匠、富野由悠季氏に焦点を当てた「富野由悠季の世界ーガンダム、イデオン、そして今」が富山県美術館で開幕した。アニメーション映画監督や脚本家、作詞家としてさまざまな作品に関わった富野氏の創作の軌跡をたどる企画展。富山でガンダム、イデオンの世界に触れられる。2021年1月24日(日)まで。  →続きを読む

2020年12月2日更新

トピックス

No.979:高岡市吉久、国の重要伝統的建造物群保存地区選定へ

No.979:高岡市吉久、国の重要伝統的建造物群保存地区選定へ

高岡市吉久が、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定される見込みとなった。江戸時代、吉久には加賀藩の年貢米を収納する「御蔵(おくら)」が設置されていた。現在も米穀売買や倉庫業により繁栄した家などが軒を連ねる。重伝建地区が3カ所以上ある都市は、全国でも京都、金沢、萩のみ。高岡は国内有数の歴史都市の仲間入りを果たすことになる。  →続きを読む

2020年11月25日更新

トピックス

No.978:相互連携協定締結で特典! 富岩水上ラインの魅力アップ

No.978:相互連携協定締結で特典! 富岩水上ラインの魅力アップ

今年も2020年11月24日(火)から冬期運航<2021年1月3日(日)まで>がスタートした富岩水上ライン。富山市岩瀬地区18店舗と互いの利用促進や賑わい創出を図るため、相互連携協定を締結した。締結店で乗船券を提示すると各店舗で割引やプレゼントなどの特典を受けられる。さらに各店舗の利用者には、富岩水上ラインの割引券(1割引)を進呈する。  →続きを読む

2020年11月18日更新

イベント

No.977:「米国アカデミー賞監督 滝田洋二郎 展」開催中!

No.977:「米国アカデミー賞監督  滝田洋二郎 展」開催中!

高志の国文学館で企画展「米国アカデミー賞監督 滝田洋二郎 展」開催中<2020年11月30日(月)まで>。300点以上の貴重な資料から滝田監督の映画づくりの舞台裏を紹介する。また、同館ではこれまでの県ゆかりの映画作品、ロケ地情報などをホームページで公開を始めた。  →続きを読む

2020年11月11日更新

トピックス

No.976:霊獣・妖怪「クタベ」特集第2弾! 富山でいろんなクタベに出会おう

No.976:霊獣・妖怪「クタベ」特集第2弾! 富山でいろんなクタベに出会おう

高岡市のデザイン会社「アキデザイン」は、クタベのオリジナルイラストをインスタグラムに毎日1回投稿する「100日クタベチャレンジ」を展開。「高岡銅器協同組合」は今夏、JR新高岡駅の構内に、クタベを描いた短冊を提げた銅製の風鈴42個を飾り付けた。名水の里・黒部市生地の「皇国晴酒造」では、クタベラベルを貼った「幻の瀧純米大吟醸」を販売中!  →続きを読む

2020年10月28日更新

トピックス

No.975:霊獣・妖怪「クタベ」特集第1弾!クタベを見て、疫病除け

No.975:霊獣・妖怪「クタベ」特集第1弾!クタベを見て、疫病除け

その昔、越中立山に現れたとされる霊獣・妖怪「クタベ」が、新型コロナウイルスの影響で“疫病除けの霊獣”として注目されている。富山県[立山博物館]では、クタベをデザインした缶バッジやエコバッグ、Tシャツを制作。北日本新聞社は、「クタベ画を描こう」キャンペーンを展開。読者から募集した「クタベ画」をHPで公開している。五洲薬品は、「清潔ハンドジェル クタベボトル」を販売中!  →続きを読む

2020年10月21日更新

トピックス

No.974:「富富富」で元気、幸せ気分/ことしも、わたしも 令和3年版『富山県民手帳』、近日発売開始!

No.974:「富富富」で元気、幸せ気分/ことしも、わたしも 令和3年版『富山県民手帳』、近日発売開始!

新米の季節。デビュー3年目となる富山のブランド米「富富富(ふふふ)」を味わってみてはいかが。リピーターキャンペーンや日本橋とやま館での「富富富」新米PRイベント、テレビCMの話題などを紹介する。
 また、10月下旬から発売の令和3年版『富山県民手帳」の話題もピックアップ!  →続きを読む

2020年10月14日更新

トピックス

No.973:富山県総合デザインセンターにバーチャルツアー特別ブース開設/D&DEPARTMENT TOYAMA GALLERYで「安川慶一の仕事展」

No.973:富山県総合デザインセンターにバーチャルツアー特別ブース開設/D&DEPARTMENT TOYAMA GALLERYで「安川慶一の仕事展」

県総合デザインセンターは、県内企業を360度映像で紹介する「バーチャルツアー特別ブース」を開設した。センターの取組みや設備、県内企業のものづくりの様子を体感できる。
 また、富山県民会館内の「D&DEPARTMENT TOYAMA GALLERY」では、展覧会「安川慶一の仕事展」を開催中<2020年10月25日(日)まで>。秋風に誘われて、富山の魅力を発信する施設をめぐってみては。  →続きを読む

2020年10月7日更新

トピックス

No.972:富山の絶景を楽しもう

No.972:富山の絶景を楽しもう

公益社団法人とやま観光推進機構は、ホームページ内のフォトライブラリーをリニューアル。富山県射水市在住のイナガキヤスト氏が富山の絶景を撮影した「富山の本気。(とやま観光推進機構×イナガキヤスト)」シリーズを新設した。パソコンの背景、名刺など自由に活用できる。  →続きを読む

2020年9月30日更新

トピックス

No.971:富山県発の技術、宇宙での活用に期待/富山県美術館、IPT2021作品募集

No.971:富山県発の技術、宇宙での活用に期待/富山県美術館、IPT2021作品募集

富山県産業技術研究開発センター(高岡市二上町)は、3Dプリント技術を核とした“デジタルものづくり技術”への取組みとして、航空宇宙分野や、高岡銅器などの伝統産業分野の研究開発を進めている。宇宙航空研究開発機構(JAXA)などとの研究開発では、アルミ合金を用いた金属3Dプリント技術を駆使して宇宙機器用の熱制御デバイスの開発を行っている。このデバイスは、短期間での大電力使用により大発熱を伴う宇宙機器の温度上昇を抑制する機能を有し、将来的には有人ローバ(惑星探査車)などへの搭載をターゲットとしている。
また、富山県美術館(富山市木場町)の話題も紹介しよう。3年に一度開催する日本で唯一の国際公募ポスター展「第13回世界ポスタートリエンナーレトヤマ2021」(通称:IPT2021/会期:2021年7月中旬~9月上旬)の作品を募集している。応募締切は12月10日(木)。  →続きを読む

ページの先頭へもどる↑