富山ブランドトピックス

各トピックスのリンクをクリックすると「Toyama Just Now」のページにて詳細がご覧頂けます。

No.632-1:技、冴える! 富山県伝統工芸品に6品目指定

No.632-1:技、冴える! 富山県伝統工芸品に6品目指定

富山の歴史と風土に培われ、受け継がれてきた伝統工芸品。県では、今年度新たな取組みとして、越中瀬戸焼、越中福岡の菅笠など6品目を「富山県伝統工芸品」に指定した。11月22日(金)~24日(日)、フューチャーシティ・ファボーレ(富山市)で開かれる「2013伝統工芸ふれあい展・富山」で展示する。今後、観光客向けにパンフレットなどを作成し、県内外にPRしていく。

2013年11月13日 更新

No.632-2:とやまのおいしい朝ごはん、召し上がれ

No.632-2:とやまのおいしい朝ごはん、召し上がれ

いい旅はおいしい朝ごはんから――「とやまのおいしい朝ごはん」キャンペーンが11月1日から県内48のホテル・旅館でスタートした。宿泊しないと味わえない「朝ごはん」の魅力を全国へ発信する。県産米を使用し、富山のおいしい水で研いだ、朝炊きのごはんを提供することなどが「とやまのおいしい朝ごはん」の条件。その土地ならではの料理を味わえるのも魅力の1つだ。

2013年11月13日 更新

No.629-1:自然体の富山の暮らしを紹介、『とやま日季』2013夏秋号発行!

No.629-1:自然体の富山の暮らしを紹介、『とやま日季』2013夏秋号発行!

富山の暮らし体感誌『とやま日季』の2013夏秋号が発行された。東京からUターンした造形作家の暮らしぶりを紹介した「とやま暮らし日季」、ラムサール条約登録の立山弥陀ヶ原・大日平の秋景色を取り上げた「とやまを観る旅」など、日々綴られる日記のように、富山の季節の息吹、人の温もり、暮らしの手触りなどを伝えている。今号も頁をめくるごとに富山の息遣いが聞こえてくるようだ。
今回紹介する『とやま日季』を抽選で30名様にプレゼント!応募は記事本文最後のプレゼント応募フォームから<10月27日(日)締切り>。

2013年10月23日 更新

No.629-2:食欲の秋、カラーに誘われて富山の味めぐり

No.629-2:食欲の秋、カラーに誘われて富山の味めぐり

近年、色、カラーに特徴のある食べ物が注目されている。色は美味しさを感じさせる大きな要素。視覚的にも食欲を刺激する。富山ブラックなど県内の“カラーラーメン”をご存知の方も多いだろう。このほか、高岡コロッケのブラック&ホワイトコロッケ、富山ブラックカレー、大豆のキーマカレー、富山ブラックサイダーなど、個性的な食品や飲料をピックアップ。富山で味めぐりの旅を楽しんでみてはいかが。
今回紹介する「富山ブラックカレー」を3名様、「大豆のキーマカレー」を3名様に抽選でプレゼント!応募は記事本文最後のプレゼント応募フォームから<10月27日(日)締切り>。

2013年10月23日 更新

No.628-2:富山“らしさ”をデザインの視点で再発見、『d design travel富山』発刊

No.628-2:富山“らしさ”をデザインの視点で再発見、『d design travel富山』発刊

富山の観光をデザインの視点から紹介したトラベルガイド『d design travel富山』が10月15日、D&DEPARTMENT PROJECTから発刊された。富山号は全国11冊目。発刊に合わせ、東京・渋谷駅直結の渋谷ヒカリエで「d design travel TOYAMA EXHIBITION」が開催されている。併設のカフェレストランでは「富山定食」が味わえる。関連イベントなどは富山県との協働事業だ。
今回紹介する『d design travel富山』を抽選で2名様にプレゼント!応募は記事本文最後のプレゼント応募フォームから<10月20日(日)締切り>。

2013年10月16日 更新

No.627-1:富山への移住、考えてみませんか、ツアー参加者募集中!

No.627-1:富山への移住、考えてみませんか、ツアー参加者募集中!

 田舎暮らしや富山での定住・半定住に関心のある方、1泊2日のツアーに参加してみませんか? アニメーション映画「おおかみこどもの雨と雪」の舞台のモデルになった上市町と立山町での暮らしを体験する「上市&立山暮らし体感ツアー」が11月2日(土)~3日(日・祝)、23日(土・祝)~24日(日)に開催される。また、南砺市では「なんとに住んでみられ」<11月9日(土)~10日(日)>の参加者を募集中!

2013年10月09日 更新

No.626-2:世界遺産・菅沼合掌造り集落から木彫りの里・井波へ、伝説の古道を駆け抜けよう!

No.626-2:世界遺産・菅沼合掌造り集落から木彫りの里・井波へ、伝説の古道を駆け抜けよう!

五箇山の行徳寺(南砺市西赤尾町)から井波別院瑞泉寺(同市井波)に至る山岳古道「道宗道(どうしゅうみち)」を舞台に、10月19日(土)・20日(日)、「五箇山・道宗道トレイルランニングツアー」が開催される。世界遺産・菅沼合掌造り集落や砺波平野の散居村を眺めながら、全長約30km、標高約1,000mの高清水山系の自然の中を駆け抜けよう。

2013年10月02日 更新

No.625-1:10月スタート、「『富山で休もう。』キャンペーン」

No.625-1:10月スタート、「『富山で休もう。』キャンペーン」

 富山県の秋の誘客戦略「『富山で休もう。』キャンペーン」がいよいよ10月1日(火)から始まる。平成27年春の北陸新幹線開業&同年秋の北陸デスティネーションキャンペーン(JRグループ旅客6社と富山、石川、福井県などが協働で実施する大型観光キャンペーン)に向け、一足早く、秋から冬にかけての富山旅行の魅力を発信する。富山ならではの体験企画やガイドツアー、首都圏での電車中吊広告、観光情報誌『ねまるちゃ』の創刊など、12月末まで内容も盛りだくさん。秋本番、富山で休もう!
 今回紹介する観光情報誌『ねまるちゃ』を抽選で20名様にプレゼント!応募は記事本文最後のプレゼント応募フォームから<9月29日(日)締切り>。

2013年09月25日 更新

 No.625-2:甘いか、しょっぱいか、高岡昆布スイーツ、どんな味?

No.625-2:甘いか、しょっぱいか、高岡昆布スイーツ、どんな味?

 「高岡食のブランド推進実行委員会」が普及を目指す「高岡昆布百選」。昨年の「高岡昆布飯」に続く第2弾として、「高岡昆布スイーツ」が開発された。高岡昆布マカロン、とろろ昆布パフェ、昆布ロールラスクなど、協力店17店28種類の昆布スイーツが揃う。“昆布のまち高岡”で昆布飯、昆布スイーツを味わってみよう。

2013年09月25日 更新

No.624-1:ヒラメで美味なかまぼこ、食欲の秋にぜひ

No.624-1:ヒラメで美味なかまぼこ、食欲の秋にぜひ

富山生まれ、富山育ちのヒラメを使った新かまぼこ「海竜ひらめ蒲鉾」が商品化され、販売が始まった。蒲鉾製造の麻善蒲鉾(高岡市)とヒラメの養殖を県内で唯一手掛ける堀岡養殖漁業協同組合(射水市)が共同開発したもので、富山の新たな味として注目されている。このほか、八尾産の黒ごまと五箇山産のハチミツを使った「富山ブラック蒲鉾」なども紹介しよう。

2013年09月18日 更新

ページの先頭へもどる↑