富山ブランドトピックス

各トピックスのリンクをクリックすると「Toyama Just Now」のページにて詳細がご覧頂けます。

No.559-2:フルーティーな香りと味!「とやま産まれの酵母」から純米酒開発

No.559-2:フルーティーな香りと味!「とやま産まれの酵母」から純米酒開発

富山県立大学と南砺市の酒造メーカー・成政酒造(株)は日本酒「尾仲(おなか) 大学の酒 富山県立大酵母」を共同開発した。同日本酒は、工学部生物工学科の尾仲宏康准教授(応用微生物学)が高岡産の六条大麦から発見した酵母「とやま産まれの酵母」で仕込んだ無濾過原酒の純米酒。アルコール度数は17~18度で、同酵母特有の華やかでフルーティーな香りが特徴だ。

2012年06月06日 更新

No.557-1:清涼感いっぱい!富山の地サイダー、ご当地ドリンクで喉を潤そう

No.557-1:清涼感いっぱい!富山の地サイダー、ご当地ドリンクで喉を潤そう

これからの暑い季節に、富山生まれのドリンクはいかが。スイカの甘みと炭酸の爽やかな口当たりが楽しめる「入善ジャンボ西瓜サイダー」や、ご当地ラーメンをイメージした醤油・胡椒風味の「富山ブラックサイダー」、富山県の事業を活用して開発された商品をピックアップ。

2012年05月23日 更新

No.556-2:心も弾む、絶景探訪へ出かけよう!『とやまの名勝』刊行

No.556-2:心も弾む、絶景探訪へ出かけよう!『とやまの名勝』刊行

富山県教育委員会は「とやま文化財百選」事業の第8弾として、「とやまの名勝百選」を選定し、ガイドブックを刊行した。“とやまの名勝”の特徴や見どころ、選定した111件について紹介している。HP(富山県デジタル文化財ミュージアム・企画展示室)からPDFファイルをダウンロードすることができるので見てみよう。

2012年05月16日 更新

No.555-1:観光PRや地域おこしに活躍! 県内ゆるキャラ大公開!!―7名様にグッズプレゼント

No.555-1:観光PRや地域おこしに活躍! 県内ゆるキャラ大公開!!―7名様にグッズプレゼント

全国的にブームとなっている“ゆるキャラ”。県内でも自然や地域の特産、歴史上の人物などに由来するご当地キャラ、マスコットキャラが続々と誕生し、観光PRや地域おこしに活躍している。「キラリン」や「ミラたん」など県内市町のゆるキャラを中心に一挙公開!ゆるキャラグッズのプレゼントも。応募は記事の最後にある「プレゼント応募フォーム」から!

2012年05月09日 更新

No.554-3:GWは富山・魚津へドライブ!富山湾の神秘に出会う旅へ

No.554-3:GWは富山・魚津へドライブ!富山湾の神秘に出会う旅へ

春の陽気に誘われて、ドライブに出かけたくなる季節。北陸自動車道のドライブに、このほど全面リニューアルした有磯海SA(下り線・新潟方面:魚津市)に立ち寄ってみてはいかが。「恋人の聖地」に認定されている同SA全体を「ロマンの海 富山湾」に見立て、船出する豪華客船をイメージした店舗に生まれ変わった。休憩後は、魚津市内に足を運んでみよう。魚津水族館や魚津埋没林博物館では富山湾の神秘に出会える。

2012年04月25日 更新

No.553-1:春の息吹、人の温もりを―富山の魅力PR誌『とやま日季』春号発行 30名様にプレゼント!

No.553-1:春の息吹、人の温もりを―富山の魅力PR誌『とやま日季』春号発行 30名様にプレゼント!

自然体の富山の暮らし、季節の旬な話題などを紹介するPR誌『とやま日季』。2012春号の表紙は、朝日町・舟川べりの春ならではの風景。雪を冠った朝日岳を背景に咲く桜、菜の花、チューリップが心を彩ってくれる。一般的な旅行ガイド誌では紹介されない富山の魅力を今号も発信!

2012年04月18日 更新

No.553-2:愛の花・チューリップが咲く「2012となみチューリップフェア」へ

No.553-2:愛の花・チューリップが咲く「2012となみチューリップフェア」へ

国内有数の花の祭典「2012となみチューリップフェア」が4月25日(水)~5月6日(日)、砺波チューリップ公園をメーン会場に開催される。砺波平野に本格的な春の訪れを告げる同フェア。国内最多500品種、100万本のチューリップを観賞できる。県育成のチューリップ新品種「赤い糸」、「春の火まつり」も展示!

2012年04月18日 更新

No.552-1:富山湾の春の味覚・ホタルイカに脂肪肝改善効果

No.552-1:富山湾の春の味覚・ホタルイカに脂肪肝改善効果

漆黒の海に青白い光を浮かび上がらせるホタルイカ。“富山湾の神秘”とも呼ばれるホタルイカに脂肪肝の改善効果があることを、富山短期大学食物栄養学科の竹内弘幸准教授らの研究グループが動物実験で初めて確認、実証した。有効成分の特定など、今後の研究に期待が集まっている。

2012年04月11日 更新

No.551-1:春風にのり、東京で富山の魅力をPR! 食べて、観て、富山を堪能!!

No.551-1:春風にのり、東京で富山の魅力をPR! 食べて、観て、富山を堪能!!

富山の食や観光の魅力を発信するイベントが4月、東京・千代田区丸の内で開催される。「とやまの発酵 丸の内リトリート ~時間(とき)が育む食の旅~」<11日(水)~22日(日)>は、全国でブームとなっている「発酵」をテーマにした食のイベント。「チューリップ・ファンタジア ~いけばな草月流による、10万枚の花びらの世界~」<24日(火)・25日(水)>では、草月流花道家たちがチューリップの花びら約10万枚を使った作品を展示する。

2012年04月04日 更新

No.548-2:紙風船のクリエーター、伝統を次代へつなぐ

No.548-2:紙風船のクリエーター、伝統を次代へつなぐ

富山の薬売りといえば、おまけとして配られた紙風船が思い浮かぶが、そんな紙風船も、薬売りの衰退とともに県内でもなじみが薄くなっている。富山の紙風船の伝統・文化を廃れさせまいと、県内各地で紙風船制作教室を開いているのが、創作紙風船倶楽部代表の飯田光男さんだ。創作を始めて17年目、御年79歳。定年後の第二の人生を紙風船とともにいきいきと過ごしている―。

2012年03月14日 更新

ページの先頭へもどる↑