富山ブランドトピックス

各トピックスのリンクをクリックすると「Toyama Just Now」のページにて詳細がご覧頂けます。

No.676:「立山黒部」、日本ジオパークに認定

No.676:「立山黒部」、日本ジオパークに認定

 北アルプス・立山連峰から富山湾までの高低差4,000mのダイナミックな地形と、約38億年もの歴史を物語る大地の上に凝縮された自然、恵み……。富山県東部9市町村にまたがる「立山黒部」エリアが日本ジオパーク委員会から「日本ジオパーク」に認定された。同パークは、美しい自然景観や学術的に価値のある地形を有する「大地の公園」を指す。富山の山、川、海の歴史を辿り、大地の遺産をジオ(大地、地球を意味する)の視点から探ってみよう。

2014年09月24日 更新

No.668:晩夏、立山山麓で学び楽しむ時間、「とやま夏期大学」受講者募集!

No.668:晩夏、立山山麓で学び楽しむ時間、「とやま夏期大学」受講者募集!

毎夏恒例の「とやま夏期大学」。今年は8月29日(金)~9月1日(月)、立山国際ホテルを会場に開講する。講師は、映画監督・キャメラマンの木村大作氏、東京理科大学理数教育研究センター長の秋山 仁氏、東京大学名誉教授の神野直彦氏、スポーツジャーナリストの増田明美氏。立山・弥陀ヶ原湿原散策ツアーなど、学び楽しむオプションもある。知性を磨いたあとは、立山の雄大な自然に触れてみよう。

2014年07月30日 更新

No.664:富山の暮らし体感誌『とやま日季』2014春夏号発行

No.664:富山の暮らし体感誌『とやま日季』2014春夏号発行

一般的な旅行ガイド誌では紹介されない富山の魅力を伝える『とやま日季』。2014春夏号が発行された。特集・とやま暮らし日季「おいしいコーヒーと家族の時間を、大切にできる富山。」、とやま対談「全国制覇から、次のスポーツ振興へ。」、とやまを観る旅「入善町 杉沢の沢スギ」――日々綴られる日記のように、自然体の富山の暮らしと季節の話題をお届け!

2014年07月02日 更新

No.661:映画「春を背負って」 公開間近! 夏の誘客戦略「東京駅スーパージャック」展開中

No.661:映画「春を背負って」 公開間近! 夏の誘客戦略「東京駅スーパージャック」展開中

立山連峰をはじめ、県内各地で撮影された映画「春を背負って」が6月14日(土)から全国東宝系劇場で公開される。映画とタイアップした「東京駅スーパージャック」もスタートし、雲上に広がる青い空のような“富山Blue”が東京駅を染めている。東京・有楽町のいきいき富山館では、映画の公開記念展を開催中。スクリーンや東京駅で立山連峰の雄大な自然景観を感じたあとは、実際に富山旅行へ。高志の国文学館、富山きときと空港、県民会館分館内山邸でのパネル展も話題。ぜひ映画の雰囲気を味わってほしい。

2014年06月11日 更新

No.660:雪、水、氷と、新たな視点で立山を知るエコツアー

No.660:雪、水、氷と、新たな視点で立山を知るエコツアー

登山ガイド同行の貸切バスツアー「雪の大谷が語る水と氷の物語」が6月22日(日)までの土・日曜に開催されている。富山市中心部を流れるいたち川の延命地蔵尊と湧水、立山駅そばの立山カルデラ砂防博物館に立ち寄ったあと、弥陀ヶ原の雪原でランチ。午後から雪の大谷や室堂平を散策するコース。富山の街なかから標高3,000m級の峰々が間近にそびえる室堂平へ、雪、水、氷の物語をたどるエコツアーへ出かけよう。

2014年06月04日 更新

No.658:高岡銅器に新感覚の商品、続々登場

No.658:高岡銅器に新感覚の商品、続々登場

高岡銅器の伝統技術と現代感覚あふれたデザインを生かした商品が続々と誕生している。四津川製作所では、高岡銅器と山中漆器を融合させた「Guinomi Sake Cup」を開発。織田幸銅器では、銅製品専門ブランド「RED&WHITE」に一輪挿しやアイスコーヒーカップなど新製品を投入。北陸新幹線開業に向けて、元気とやまマスコット「きときと君」と新幹線開業PRマスコット「ぶりと君」をモチーフにした真ちゅう製のしおりもご愛用を。

2014年05月21日 更新

No.656:魚津の踊りと美味の共演、よっしゃ来い!!CHOUROKUまつり

No.656:魚津の踊りと美味の共演、よっしゃ来い!!CHOUROKUまつり

5月18日(日)、魚津市で「第2回よっしゃ来い!!CHOUROKUまつり」が開催される。伝統芸能「せり込み蝶六」をよさこい風にアレンジした踊りのコンテストやたてもん曳き廻し、郷土芸能披露、エコキャンドルナイトなどイベント目白押し。県内外のご当地グルメも味わおう。同時開催の「魚津deバル街」<5月16日(金)~19日(月)>では、魚津の気になるお店を食べ歩き&飲み歩きしよう!

2014年05月07日 更新

No.653:国内最多600品種、250万本のチューリップを愛でよう

No.653:国内最多600品種、250万本のチューリップを愛でよう

「2014となみチューリップフェア」が4月23日(水)~5月6日(火・振休)、砺波チューリップ公園(砺波市花園町)を会場に開催される。今年は、これまでより100品種増えて600品種、サテライト会場のチューリップ畑を加えると250万本のチューリップが迎えてくれる。「大花壇」の地上絵、「水上花壇」、「愛のパワースポット花壇」など見どころいっぱい。庄川遊覧船チューリップクルーズ、出町子供歌舞伎曳山祭りなど連携イベントも楽しもう。

2014年04月16日 更新

No.652:県内3つの曳山行事、ユネスコ無形文化遺産登録へ提案

No.652:県内3つの曳山行事、ユネスコ無形文化遺産登録へ提案

富山県の「高岡御車山祭の御車山行事」(高岡市)、「魚津のタテモン行事」(魚津市)、「城端神明宮祭の曳山行事」(南砺市)など、全国32件の国の重要無形民俗文化財の曳山行事からなる「山・鉾・屋台行事」の提案書が、ユネスコ無形文化遺産の平成27年審査案件としてユネスコに提案された。早ければ、平成27年11月の審査が見込まれる。

2014年04月09日 更新

No.651:春の輝き、富山湾のホタルイカに会いに来て!

No.651:春の輝き、富山湾のホタルイカに会いに来て!

ホタルイカのシーズン到来。産卵のため、深海から群れをなしてやってくるホタルイカは青白い光を放ち、「富山湾の神秘」とも称されている。湾岸に位置する「ほたるいかミュージアム」では“ほたるいか発光ショー”が人気。蛍烏賊御膳やほたるいかバーガーなども味わえる。「魚津水族館」では“ホタルイカ発光実験”に誰もが目を奪われるに違いない。ザラビクニンやオオグチボヤなどの深海生物にも出会える。春風に誘われて、富山湾の不思議に触れてみよう。

2014年04月02日 更新

ページの先頭へもどる↑