特産品

アーカイブ

2012年11月14日 更新

No.581-2:富山育ちのアナゴ出荷、世界初の完全養殖を目指す

No.581-2:富山育ちのアナゴ出荷、世界初の完全養殖を目指す

近畿大学水産研究所富山実験場(射水市海竜町)は、富山湾の水深100mから汲み上げた低温で清浄な海水を使って、稚魚からマアナゴを養殖し、富山県内向けに出荷を始めた。マアナゴは最も一般的に食用にされているアナゴで、日本人に馴染み深い。“富山湾の宝石”と呼ばれるシロエビの殻を餌として与え、美味しさを高める研究も本格化。来春からは親魚から採卵を始め、人工ふ化させて、世界初のアナゴの完全養殖を目指す。  →続きを読む

2012年10月24日 更新

No.578-1:富山を身近に―11月、楽天市場で富山県ウェブ物産展

No.578-1:富山を身近に―11月、楽天市場で富山県ウェブ物産展

富山県の魅力ある商品・商店を集めた「富山を丸ごと○○する物産展」が11月1日(木)~30日(金)、日本最大のインターネットモール・楽天市場で開催される。「富山名産!めで鯛かまぼこ」、「石黒さんの麴のチーズケーキ」、「組子スクリーン」など、富山発の商品が満載。また、富山県独自ポータルサイト「とやまる」も現在公開中。家にいながらにして富山の物産を知り、買い物ができるオンラインショッピング。この機会をお見逃しなく。  →続きを読む

2012年10月17日 更新

No.577-2:透明感のあるガラスの世界を体験―「富山ガラス工房 第2工房」オープン

No.577-2:透明感のあるガラスの世界を体験―「富山ガラス工房 第2工房」オープン

富山市のガラス文化創造の拠点「グラス・アート・ヒルズ富山」(富山市・呉羽丘陵)の一角に、富山ガラス工房 第2工房がオープンした。メイン施設となる吹き場は天井高約15mの開放的な空間。観客席や大型スクリーンを設置し、ガラス制作の様子をスタジアム形式で臨場感たっぷりに見学できる。13の体験コースがあるので、ガラスの魅力に触れてみてはいかが。  →続きを読む

2012年10月10日 更新

No.576-2:カワイイ!! 井波彫刻の技で「獅子ギター」

No.576-2:カワイイ!! 井波彫刻の技で「獅子ギター」

井波彫刻で獅子頭をかたどったエレキギター「獅子ギター」が、井波彫刻協同組合で開発された。ボディーに赤、目や歯、牙などに金色の漆が塗られており、迫力のある顔つきながら、どことなくカワイイ。井波彫刻師が彫り、高岡漆器の職人が漆を塗った、伝統工芸のコラボレーションギター。井波の観光情報も併せて紹介。  →続きを読む

2012年6月27日 更新

No.562-2:本物志向の大人の文具―富山発の成形技術と匠の技が光る木質系100%の高級朱肉ケース

No.562-2:本物志向の大人の文具―富山発の成形技術と匠の技が光る木質系100%の高級朱肉ケース

重厚感のある漆黒に青貝塗の神秘的な色合い――。富山県農林水産総合技術センター木材研究所(射水市)と文具事務用品の大手、シヤチハタ(株)(本社:名古屋市)は、県産の竹粉(モウソウチク)とスギ間伐材の木粉を使った木質系100%製品を成形する技術を開発し、伝統工芸・高岡漆器の加飾技法・螺鈿細工(青貝塗)を施した高級朱肉ケースを商品化。“大人の高級文具”としてPRを始めた。自然の恵みを感じる新エコ素材と優雅な輝きを放つ青貝塗で心も豊かに――。  →続きを読む

2012年6月6日 更新

No.559-1:飲みたくて、食べたくて“しょうが”ない!上市産生姜どうでしょうか?

No.559-1:飲みたくて、食べたくて“しょうが”ない!上市産生姜どうでしょうか?

健康素材として注目されている生姜の特産化に取り組む上市町で、生姜を活用した商品が誕生している。「上市でしょうが!」(町商工会女性部)は生姜のしぼり汁に、はちみつなどを混ぜたシロップ。このほど国際味覚審査機構の「優秀味覚賞2012」で金星二つに輝いた。「生姜の入ったシフォンケーキ」(むつみの里 であい工房)は、スライスした生姜とシフォンケーキの組み合わせがユニーク。生姜の食感と風味が楽しめる。  →続きを読む

2012年6月6日 更新

No.559-2:フルーティーな香りと味!「とやま産まれの酵母」から純米酒開発

No.559-2:フルーティーな香りと味!「とやま産まれの酵母」から純米酒開発

富山県立大学と南砺市の酒造メーカー・成政酒造(株)は日本酒「尾仲(おなか) 大学の酒 富山県立大酵母」を共同開発した。同日本酒は、工学部生物工学科の尾仲宏康准教授(応用微生物学)が高岡産の六条大麦から発見した酵母「とやま産まれの酵母」で仕込んだ無濾過原酒の純米酒。アルコール度数は17~18度で、同酵母特有の華やかでフルーティーな香りが特徴だ。  →続きを読む

2012年5月23日 更新

No.557-1:清涼感いっぱい!富山の地サイダー、ご当地ドリンクで喉を潤そう

No.557-1:清涼感いっぱい!富山の地サイダー、ご当地ドリンクで喉を潤そう

これからの暑い季節に、富山生まれのドリンクはいかが。スイカの甘みと炭酸の爽やかな口当たりが楽しめる「入善ジャンボ西瓜サイダー」や、ご当地ラーメンをイメージした醤油・胡椒風味の「富山ブラックサイダー」、富山県の事業を活用して開発された商品をピックアップ。  →続きを読む

2012年4月11日 更新

No.552-1:富山湾の春の味覚・ホタルイカに脂肪肝改善効果

No.552-1:富山湾の春の味覚・ホタルイカに脂肪肝改善効果

漆黒の海に青白い光を浮かび上がらせるホタルイカ。“富山湾の神秘”とも呼ばれるホタルイカに脂肪肝の改善効果があることを、富山短期大学食物栄養学科の竹内弘幸准教授らの研究グループが動物実験で初めて確認、実証した。有効成分の特定など、今後の研究に期待が集まっている。  →続きを読む

2012年3月14日 更新

No.548-2:紙風船のクリエーター、伝統を次代へつなぐ

No.548-2:紙風船のクリエーター、伝統を次代へつなぐ

富山の薬売りといえば、おまけとして配られた紙風船が思い浮かぶが、そんな紙風船も、薬売りの衰退とともに県内でもなじみが薄くなっている。富山の紙風船の伝統・文化を廃れさせまいと、県内各地で紙風船制作教室を開いているのが、創作紙風船倶楽部代表の飯田光男さんだ。創作を始めて17年目、御年79歳。定年後の第二の人生を紙風船とともにいきいきと過ごしている―。  →続きを読む

ページの先頭へもどる↑