特産品

アーカイブ

2012年 1月 11日 [ 特産品 ]

No.539-3:ハトムギで美肌づくり! 栄養機能食品「SARANI」


 ハトムギで肌本来の輝きを―。JA氷見市は、氷見産ハトムギの殻や薄皮、渋皮、子実などから抽出した「ハトムギCRDエキス」を使った栄養機能食品「SARANI(サラニ)」を商品開発し、1月4日から販売を始めた。顆粒状で、ハトムギ本来の香ばしさと爽やかなレモン風味が口の中に広がる。

▲SARANI

●ハトムギCRDエキスを含有したサプリメント

 ハトムギで肌本来の輝きを―。JA氷見市は、氷見産ハトムギの殻や薄皮、渋皮、子実などから抽出した「ハトムギCRDエキス」を使った栄養機能食品「SARANI(サラニ)」を商品開発し、1月4日から販売を始めた。

 ハトムギはイネ科ジュズダマ属の1年草作物で、原産地は東南アジアのインドシナ半島とされている。種皮を除いて乾燥させたものが「ヨクイニン」で、消炎や利尿、鎮痛、むくみなどへの効能がある生薬として、また肌荒れや吹き出物などへの美容の効果も知られ、中国最古の薬草書『神農本草経』に「体を軽くし、元気を益す“養命薬”」とも紹介されている。現代では、実際に化粧品や医薬品の原料として使用されている。

 氷見でのハトムギの生産は、昭和60年代に、米の転作作物として山間部の細越地区から始まったが、雑草に栄養を奪われやすいため、こまめな除草作業が必要で手間がかかり、他の地区での栽培がなかなか進まなかった。しかし、JA氷見市では、農家経営の安定化のため、ハトムギを主力作物として位置づけ、少しずつ栽培農家の拡大を図ってきた。現在、氷見市内でのハトムギの栽培は着実に広がり、全国生産量の約10%、133tほどを生産している。地域ブランド作物としてのハトムギの栽培が、ペットボトル入りの「氷見はとむぎ茶」などの大ヒット商品を生み、地域の活性化にも役立っている。

 「ハトムギCRDエキス」は、金沢大学の研究によって誕生し、平成16年に特許を取得。特殊な抽出法によってエキス化した美容成分だ。エキスを使って、平成22年6月に健康飲料「透白美人」を商品開発。22年度の県トライアル発注商品にも選定された(トライアル発注制度…県認定のベンチャー企業・中小企業者等の開発した新商品を県が試し買いし、使用後の意見をフィードバックして商品開発、販路開拓を支援する制度)。なお、「透白美人」は、製造委託先の商品再編の事情で昨年末に生産を終了した。

●健やかな美肌のために

 「SARANI」は、「透白美人」を顆粒化したもので、ハトムギCRDエキスに、粘膜や皮膚の健康維持を助ける栄養素のビオチンなどを配合した。持ち運びしやすく、飲みやすいスティックタイプ。1日あたり1包(2g)から4包(8g)を目安に、直接飲むか、水やぬるま湯などに混ぜて飲むかはお好みで。ハトムギ本来の香ばしさと爽やかなレモン風味が口の中に広がる。

 開発にあたり、昨年9月に全国約300人にモニターを実施。「化粧ののりがよくなった」、「保湿感が高まった」、「食後や就寝前に飲むとよい」などの感想が寄せられ、大きな手ごたえを感じたという。発売記念価格として1箱(30包入り)3,000円、2箱5,500円で、JA氷見市本所、各支所で販売中。

 JA氷見市総合企画部では「SARANIは、健やかな美肌のための栄養機能食品。ハトムギCRDエキスの各種臨床試験などを繰り返し、その機能性を確認して完成させた商品です。女性をコアターゲットにしており、皆さんに“さらに”美しくなっていただきたいという願いを名称に込めました。過去に透白美人をご愛飲くださったお客様から、顔のシミがとれてきれいになったなどの声もいただいています。SARANIを継続して飲んでいただきたいですね」と話している。



▲ハトムギ


問い合わせ
●氷見市農業協同組合総合企画部
TEL.0766-74-8804
FAX.0766-72-8337
http://www.ehatomugi.com

コメント

その他の特産品

ページの先頭へもどる↑