アーカイブ

2014年10月1日更新

イベント

No.677:秋風に誘われて富山へ! 「富山で休もう。」キャンペーン、スタート

No.677:秋風に誘われて富山へ! 「富山で休もう。」キャンペーン、スタート

 「富山で休もう。」キャンペーンが10月1日(水)からスタート。県内観光地などをデザインした特別消印や「富山湾鮨」記念切手で富山の旅の思い出を深めよう。宿泊施設では、今だけ特別の「富山で休もう。」特別宿泊プランを用意したほか、『大人の遊び、33の富山旅。』2014秋特別プログラムでは、大人の知的好奇心を刺激する体験プログラムが満載。体験者に抽選で、ブックカバーや手ぬぐいなどオリジナルグッズのプレゼントもあり。  →続きを読む

2014年9月24日更新

トピックス

No.676:「立山黒部」、日本ジオパークに認定

No.676:「立山黒部」、日本ジオパークに認定

 北アルプス・立山連峰から富山湾までの高低差4,000mのダイナミックな地形と、約38億年もの歴史を物語る大地の上に凝縮された自然、恵み……。富山県東部9市町村にまたがる「立山黒部」エリアが日本ジオパーク委員会から「日本ジオパーク」に認定された。同パークは、美しい自然景観や学術的に価値のある地形を有する「大地の公園」を指す。富山の山、川、海の歴史を辿り、大地の遺産をジオ(大地、地球を意味する)の視点から探ってみよう。  →続きを読む

2014年9月17日更新

トピックス

No.675:来年3月14日(土)、北陸新幹線開業! カウントダウンスタート!!

No.675:来年3月14日(土)、北陸新幹線開業! カウントダウンスタート!!

 北陸新幹線の長野―富山・金沢間の開業日が来年3月14日(土)と決まった。あと半年を切り、ウキウキ、ワクワク感も高まるなか、運転本数などをチェックしよう! 開業日までの日数をカウントダウンする取組みも紹介。富山県庁本館2階の正面入り口には、カウントダウンボードが設置された。富山県ホームページではヘッダーアニメーションで残り日数を表示。元気とやまマスコット「きときと君」と新型車両が登場するので、ぜひアクセスを。  →続きを読む

2014年9月10日更新

イベント

No.674:企画展「鉄軌道王国とやま展」、鉄道博物館で北陸新幹線開業をPR

No.674:企画展「鉄軌道王国とやま展」、鉄道博物館で北陸新幹線開業をPR

 北陸新幹線の開業(来年3月14日)が迫るなか、企画展「鉄軌道王国とやま展」<主催:富山県>が9月6日、埼玉県さいたま市の鉄道博物館で開幕した。新幹線3駅舎や周辺の街並みをイメージした「とやまの鉄軌道大型ジオラマ」では、新幹線の新型車両や路面電車などの模型が走り抜けていく。新幹線に携わる県内ものづくり企業の技術などを紹介するコーナーもある。周遊スタンプラリー開催の情報も併せてお届け!  →続きを読む

2014年9月3日更新

トピックス

No.673:「恋するフォーチュンクッキー 富山県ver.」を見て、お気に入りシーンを投票しよう!

No.673:「恋するフォーチュンクッキー 富山県ver.」を見て、お気に入りシーンを投票しよう!

 富山県は「“恋するフォーチュンクッキー 富山県ver.”を見て富山へ行こう!」キャンペーンを開催中。9月30日(火)までに、動画のお気に入りシーンを投票し、クイズに回答すると、投票者の中から抽選でペア宿泊券などをプレゼントするもの。10月から始まる「富山で休もう。」キャンペーンのプレ企画。動画を参考に、富山の旅に出かけてみてはいかが。  →続きを読む

2014年8月27日更新

トピックス

No.672:富山県立大、国内初の「脳波個人識別技術」を開発!イヌの気持ちがわかるシステムも研究中!

No.672:富山県立大、国内初の「脳波個人識別技術」を開発!イヌの気持ちがわかるシステムも研究中!

近年、脳の情報を読み取り、機械を制御する技術「ブレインマシンインタフェース」が世界で盛んに研究されている。富山県立大学工学部情報システム工学科の唐山英明(とうやまひであき)准教授(生体情報理工学)は、特殊な脳波を読み取って個人を識別する「脳波個人識別技術」を国内で初めて開発した。指紋などの方法よりも安全性の高い個人認証システムの実現を目指す。  →続きを読む

2014年8月20日更新

イベント

No.671:日本最大規模のワールドミュージックフェスティバルを楽しもう!

No.671:日本最大規模のワールドミュージックフェスティバルを楽しもう!

 情熱的な歌声、強靭なサウンド、叙情的な楽曲……南砺市から世界の音楽を発信する「スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド2014」が8月22日(金)~24日(日)、南砺市福野地域で開催される。世界的に活躍するアーティストらが出演し、多彩なリズムとメロディーを紡ぐ。新企画として、モザンビークのアーティストが南砺市民らとともに巨大人形を制作。市民音楽隊や巨大人形隊が練り歩く「スキヤキ・パレード」も必見だ。  →続きを読む

2014年8月12日更新

イベント

No.670:高志の国文学館、企画展「風の盆 深奥の心をさぐる」開催中

No.670:高志の国文学館、企画展「風の盆 深奥の心をさぐる」開催中

越中八尾おわら風の盆<9月1日(月)~3日(水)、富山市八尾町>の季節ももうすぐ。高志の国文学館(富山市舟橋南町)では、企画展「風の盆 深奥(しんおう)の心をさぐる」を開催中<10月6日(月)まで>。八尾を訪れた文学者らが残した歌詞や文章、おわら風の盆を題材にした戯曲、小説、漫画などを展示。企画展を見ると、おわら風の盆がさらに味わい深いものになる。  →続きを読む

2014年8月6日更新

イベント

No.669:8、9月は立山博物館へ!特別企画展「立山禅定名所案内」、荘厳な橋渡り儀式「布橋灌頂会」を紹介

No.669:8、9月は立山博物館へ!特別企画展「立山禅定名所案内」、荘厳な橋渡り儀式「布橋灌頂会」を紹介

夏本番、旅行で観光地へ出掛ける機会も多いだろう。富山を代表する観光地といえば、「立山黒部アルペンルート」。富山県[立山博物館](立山町芦峅寺)では特別企画展「立山禅定名所案内―観光地・立山のルーツをさぐる」を開催中<~8月31日(日)>。併せて、9月21日(日)に開催される橋渡り儀式「布橋灌頂会」も紹介しよう。僧侶と雅楽の調べに導かれながら布橋を渡り、心を清める行事が3年ぶりに開催される。白装束の「女人衆」を募集!応募締め切りは8月20日(水)。  →続きを読む

2014年7月30日更新

イベント

No.668:晩夏、立山山麓で学び楽しむ時間、「とやま夏期大学」受講者募集!

No.668:晩夏、立山山麓で学び楽しむ時間、「とやま夏期大学」受講者募集!

毎夏恒例の「とやま夏期大学」。今年は8月29日(金)~9月1日(月)、立山国際ホテルを会場に開講する。講師は、映画監督・キャメラマンの木村大作氏、東京理科大学理数教育研究センター長の秋山 仁氏、東京大学名誉教授の神野直彦氏、スポーツジャーナリストの増田明美氏。立山・弥陀ヶ原湿原散策ツアーなど、学び楽しむオプションもある。知性を磨いたあとは、立山の雄大な自然に触れてみよう。  →続きを読む

2014年7月23日更新

イベント

No.667:8月22日(金)開幕!「SCOTサマー・シーズン2014」

No.667:8月22日(金)開幕!「SCOTサマー・シーズン2014」

演劇の祭典「SCOTサマー・シーズン2014」&「利賀アジア芸術祭」が8月22日(金)~9月3日(水)、南砺市利賀村の県利賀芸術公園で開催される。SCOT(Suzuki Company of Toga)主宰による鈴木忠志氏演出の「シラノ・ド・ベルジュラック」、「トロイアの女」など4作品、中国の劇団による「マクベス」、「梨園劇『大悶(だいもん)』」、韓国の劇団による「真夏の夜の夢」の3作品などを観劇できる。シンポジウムやアジア演出家フェスティバルなども行われる。観劇の申し込みはお早めに。  →続きを読む

2014年7月16日更新

イベント

No.666:夏休み、親子で富山の美術館めぐりへ!

No.666:夏休み、親子で富山の美術館めぐりへ!

富山県水墨美術館では「上村松篁展」を開催中。格調高い花鳥画を生涯描き続けた松篁の全容を回顧する展覧会<8月10日(日)まで>。県立近代美術館では「成田亨 美術/特撮/怪獣 ウルトラマン創造の原点」が7月19日(土)に開幕する<8月31日(日)まで>。幅広い世代に親しまれているウルトラマンや怪獣のデザイン原画をぜひ見に行こう。なお、高志の国文学館の企画展「風の盆-深奥の心をさぐる」<7月26日(土)~10月6日(月)>も楽しみにしてほしい。  →続きを読む

ページの先頭へもどる↑