ブランド化に向けた取り組み

とやま型地域ブランド戦略

とやま型「地域ブランド」戦略について

富山県では、富山の魅力を全国に発信するため、平成17年5月に「とやまブランド推進本部」を設置し、とやま型「地域ブランド」戦略の検討を進め、18年3月に骨格をとりまとめました。


→ダウンロード

とやま型「地域ブランド」戦略の骨格概念図(PDF)
とやま型「地域ブランド」戦略の骨格(PDF)


「とやま型地域ブランド戦略アクションプラン2007-2011」の策定

「とやま型地域ブランド戦略の骨格」の基本的方向を踏まえ、平成19年6月に「とやま型地域ブランド戦略アクションプラン2007-2011」を策定しました。

<アクションプランの構成>

第1章 アクションプランの基本的な考え方

  1. 趣 旨
  2. 本県の現状と課題
  3. 取組みの基本方向

第2章 「くらしたい国、富山」の発信

  1. 発信する地域イメージ
  2. キャッチフレーズ「くらしたい国、富山」の活用
  3. 定住・半定住の促進
  4. 継続的な情報発信
  5. 県民一人ひとりによる情報発信
  6. 魅力ある地域資源の発掘・活用

第3章 「富山ならでは」の優れた商品・サービスの全国ブランド化

  1. 取組みの考え方
  2. 食とサービスのブランド化
  3. 高度な「ものづくり技術」やデザイン力等を活かしたブランド化
  4. 全国ブランド化に意欲のある業界への総合的支援

→ダウンロード

とやま型地域ブランド戦略アクションプラン2007-2011(PDF)

ページの先頭へもどる↑