トピックス

アーカイブ

2019年2月20日 更新New!!

No.895:富山のチューリップにニューフェイス! 春の訪れを感じて

No.895:富山のチューリップにニューフェイス! 春の訪れを感じて

県育成のチューリップ新品種で、2018年12月に品種登録された「白天使(しろてんし)」、「恋(こい)のはじまり」が今秋から一般販売される。今春の「2019となみチューリップフェア」で展示、注文を受け付ける。一足先に春!日本橋とやま館では「日本橋とやま館 チューリップフェア」を開催中<3月3日(日)まで>。フラワーデザイナー・花千代さんによるチューリップインスタレーションなどが楽しめる。  →続きを読む

2019年2月13日 更新

No.894:富山県内の企業で就職を考えている皆さんへ

No.894:富山県内の企業で就職を考えている皆さんへ

県内企業への就職志望者必見!県は、県外出身で、県内大学卒業後に富山で働く若者を追ったドキュメンタリー動画「だから富山で生きていく」を特設ホームページ「つづく富山、えがく未来」で公開中。このたび新たに第4弾が完成した。また、2019年3月1日(金)に開催する、約400社参加予定の「とやま就活キックオフフェア~元気とやま!合同企業説明会」の話題も。県内就職に向けた活動の第一歩、ぜひ参加を!  →続きを読む

2019年1月30日 更新

No.892:富山のシンボル、立山を知る解説書『入門!立山ワールドあんない』

No.892:富山のシンボル、立山を知る解説書『入門!立山ワールドあんない』

「立山の自然と人間の関わり」について、人文、自然の両分野を学術的・総合的に調査研究し、その成果を紹介するため県が平成3年11月に開館した富山県[立山博物館] (立山町芦峅寺)。このたび、立山の歴史や文化、立山信仰をわかりやすく解説した『入門!立山ワールドあんない』を刊行した。専門的な内容もかみくだいてあり、小学生からご高齢の方まで、立山についての理解を深められる本を制作したのは初めて。A4判、48頁、オールカラー。併せて、同館で開催中の冬の立山曼荼羅特別公開展「立山曼荼羅と立山登拝道」を紹介。同館で立山の世界に触れよう!  →続きを読む

2019年1月23日 更新

No.891:今春、観光列車「一万三千尺物語」デビュー! 予約受付スタート

No.891:今春、観光列車「一万三千尺物語」デビュー! 予約受付スタート

新幹線から路面電車まで多種多様な鉄軌道がある「鉄軌道王国」富山県。県民の基幹交通で県内を東西に走る幹線鉄道「あいの風とやま鉄道」が、2019年4月から土・日曜、祝日を中心に観光列車「一万三千尺物語」を運行する。木の温もりいっぱいの特別車両の車窓から雄大な景観を眺めながら、富山湾の海の幸と里山の恵みをふんだんに使ったコース料理が味わえる。観光列車で楽しむ富山旅を!  →続きを読む

2019年1月16日 更新

No.890:世界の舞台芸術の祭典「シアター・オリンピックス」―今夏、富山県で開催

No.890:世界の舞台芸術の祭典「シアター・オリンピックス」―今夏、富山県で開催

世界16カ国・地域の演出家などが参加する国際的な舞台芸術の祭典「第9回シアター・オリンピックス」<企画:シアター・オリンピックス国際委員会、主催:(公財)舞台芸術財団演劇人会議、シアター・オリンピックス2019実行委員会>が、2019年8月23日(金)から9月23日(月)まで、富山県南砺市利賀地域と黒部市で開催される。1月8日、東京都内のホテルで記者会見があり、関係者が意気込みを語った。今回はロシアとの共同開催となり、国の枠を越えての開催は祭典史上初めて。ロシアでは同年6~11月にサンクトペテルブルク市を中心に行われる。  →続きを読む

2018年12月26日 更新

No.888:冬のとやまの魅力に触れよう!

No.888:冬のとやまの魅力に触れよう!

もうすぐ年越し。とやまの暮らしや文化に深く息づくお正月の風習や習俗を探ってみよう。また、日本航空(JAL)が「新JAPAN PROJECT」として展開する「地域紹介シリーズ」に富山県が登場しているのであわせて紹介しよう。  →続きを読む

2018年12月12日 更新

No.886:冬、魅力いっぱいの富山きときと空港から空の旅へ

No.886:冬、魅力いっぱいの富山きときと空港から空の旅へ

富山の空の玄関口・富山きときと空港。現在、「富山―羽田便」冬ダイヤ限定特別キャンペーン(サポーターズクラブ会員対象)などを実施中。クーポン券プレゼントなどの特典がある。パスポートを取得し、国際線に搭乗すると、毎月先着60名に5,000円のプレゼントも。空の旅をお得に、便利に!  →続きを読む

2018年11月28日 更新

No.884:目印は星入りタペストリー!「観光おもてなし5つ星制度」スタート

No.884:目印は星入りタペストリー!「観光おもてなし5つ星制度」スタート

「この店の星の数はいくつ?」「最高ランクの5つ星の店はどんなところ?」-県は観光おもてなし体制の充実・強化を図るため、2018年10月29日から「『休んでかれ。』宣言」事業者を対象に「観光おもてなし5つ星制度」を導入した。1つ星から5つ星まで、ステップアップによりおもてなしの質を県全体で向上させるのがねらい。事業者には、星入りのロゴマークタペストリーを提供するとともに、ホームページで紹介していく。  →続きを読む

2018年11月21日 更新

No.883:大伴家持生誕1300年、家持の心にふれるひとときを

No.883:大伴家持生誕1300年、家持の心にふれるひとときを

大伴家持生誕1300年記念事業として、講演と音楽の集い「家持のうたごえ―美術と音楽の交響」が2018年12月9日(日)、パレブラン高志会館(富山市千歳町)で開催される。高志の国文学館(富山市舟橋南町)に、第1回大伴家持文学賞受賞者のマイケル・ロングリー氏(詩人、イギリス・北アイルランド在住)のコーナーが設置された話題や、「家持オリジナル記念品(アイスクリームスプーン)」とオリジナルフレーム切手「里中満智子『言霊の人・大伴家持』」の販売の話題も併せて紹介。  →続きを読む

2018年11月14日 更新

No.882:県産品をお手軽に手に取って!東京メトロと羽田空港に「ご当地自動販売機」登場

No.882:県産品をお手軽に手に取って!東京メトロと羽田空港に「ご当地自動販売機」登場

県産品を品揃えする「ご当地自動販売機」が東京メトロ大手町駅と羽田空港第2ターミナルビルにお目見えした。富山米の新品種「富富富」をはじめ、富山のおすそわけ文化を形にした「越中富山 幸のこわけ」、「ケロリングッズ」などが気軽に買えるので、ちょっとしたお土産やプレゼントにいかが。併せて、新年に向けて富山市八尾町の桂樹舎で進められている2019年版カレンダーづくりの話題も紹介しよう。  →続きを読む

ページの先頭へもどる↑