トピックス

アーカイブ

2017年6月21日 更新New!!

No.811:旅行やビジネスに、富山きときと空港からレンタカーで県内各地へ

No.811:旅行やビジネスに、富山きときと空港からレンタカーで県内各地へ

 富山きときと空港では、羽田便をよりご利用いただくため、羽田発第1便の利用者にレンタカーを3,500円の定額で24時間利用できる新たな助成制度をスタートした。また、同空港を応援いただくことを目的に設立した「サポーターズクラブ」の個人会員の募集を開始。富山きときと空港で使えるお得なクーポンやANA旅行券など、多くの特典があるので注目したい。さらに各種キャンぺーンやイベント、空港内の飲食店・ショップの情報も併せて紹介しよう。空の旅を快適に、お得に、便利に!  →続きを読む

2017年6月14日 更新

No.810:高志の国文学館 常設展示室がリニューアル!

No.810:高志の国文学館 常設展示室がリニューアル!

 富山ゆかりの文学や映画、アニメ、漫画、先人などを紹介する「高志の国文学館」(富山市舟橋南町)。開館から5年で入館者が60万人を超える富山の人気スポットとなっているが、このほど常設展示室がリニューアルした。寄贈・寄託された作品を企画展示する「特別コレクション室」、大伴家持の世界を紹介する「映像ブース 越中万葉の歌四十首」などの新設で魅力もアップ。平成29年6月11日(日)に開幕したばかりの開館5周年記念企画展「上橋菜穂子と〈精霊の守り人〉展」の話題も併せて紹介しよう。  →続きを読む

2017年5月31日 更新

No.808:鋳物作りの現場へ! 能作で産業観光を楽しもう

No.808:鋳物作りの現場へ! 能作で産業観光を楽しもう

 伝統工芸の技が生きるまち・高岡市に新たな産業観光の拠点が誕生した。鋳物メーカー「能作(のうさく)」で平成29年4月に完成した新社屋では、木型を使ったディスプレーや、富山の観光地を映し出すプロジェクションマッピング、鋳物体験コーナーなど、ものづくりの工場ならではの音やにおい、熱を感じてほしい。  →続きを読む

2017年5月17日 更新

No.806:ダムマニア必見!県管理20ダムのダムカード

No.806:ダムマニア必見!県管理20ダムのダムカード

 ダムの型式や堤高、総貯水容量などの基本情報を写真とともに紹介する「ダムカード」がファンの間で人気となっている。急流河川が多く、県内各地にダムのある富山。県では2014年から7ダムのダムカードを配布してきたが、今春13ダムのカードを作成し、順次配布を開始。これで県管理の20ダムがすべて揃う。県内ダムめぐりで水の王国とやまを実感しよう。  →続きを読む

2017年5月10日 更新

No.805:国際北陸工芸サミット開催決定!「U-50国際北陸工芸アワード」出品作品募集

No.805:国際北陸工芸サミット開催決定!「U-50国際北陸工芸アワード」出品作品募集

 北陸の工芸の魅力を世界に発信する「国際北陸工芸サミット」(主催:富山県)が11月に富山県で開催される。その一環として、50歳以下の若き「工芸人」を対象とした「U-50国際北陸工芸アワード」の出品者を募集中。応募登録は平成29年5月31日(水)まで。賞金総額400万円、奮って応募を!  →続きを読む

2017年4月26日 更新

No.804:富山・能登半島ロケ敢行、映画「追憶」 5月6日全国公開

No.804:富山・能登半島ロケ敢行、映画「追憶」 5月6日全国公開

 富山県内など北陸を舞台に撮影された映画「追憶」が平成29年5月6日(土)、いよいよ全国公開(東宝系)される。富山の美しい大自然をバックに、幼なじみの3人の男たちのリアルな人間模様を描くヒューマンサスペンス。監督は名匠・降旗康男氏、撮影はキャメラマンの木村大作氏、主演は全世代から幅広い人気を誇る岡田准一氏。昨年3月、富山市八尾町でクランクインし、撮影には富山県ロケーションオフィスが全面協力した。  →続きを読む

2017年4月19日 更新

No.803:鉄軌道ファン必見!ポータルサイト「鉄軌道王国とやま」

No.803:鉄軌道ファン必見!ポータルサイト「鉄軌道王国とやま」

 県は、北陸新幹線や路面電車など県内を走る鉄軌道をクローズアップしたポータルサイト「鉄軌道王国とやま」(http://www.tetsukidou-toyama.com/)を開設した。県内の多様な鉄軌道をはじめ、観光列車、鉄軌道で巡る“とやまおすすめ旅”、車両をモチーフにしたキャラクターなどを紹介。クリックすると、富山をプチ旅行した気分に。あなたも県内の鉄軌道博士になれるかも!?  →続きを読む

2017年4月12日 更新

No.802:富山の工芸にフォーカス、「越中富山 技のこわけ」新登場

No.802:富山の工芸にフォーカス、「越中富山 技のこわけ」新登場

 富山のお土産のブランドとして、ものづくりに焦点を当てた「越中富山 技のこわけ」が新たに誕生。第1弾商品として、錫や漆器、陶器、和紙などの小さな器「福分け皿」を開発した。ととやま(富山県いきいき物産(株):富山駅前CiC1階)にて展示販売を開始!今後、県内での販売拡大や東京など県外での販売も検討している。  →続きを読む

2017年4月5日 更新

No.801:富山づくしのお米-新品種の名称、「富富富(ふふふ)」に決定!

No.801:富山づくしのお米-新品種の名称、「富富富(ふふふ)」に決定!

 高温や病気に強く、倒れにくいうえ、食味もコシヒカリを上回る「富山米」を目指して開発された新品種。その名称が「富富富(ふふふ)」に決まった。富山の豊かで清らかな水や、富山の肥沃な大地、そして、富山の熱心な生産者により育まれた、富山づくしのお米を表している。今後、平成30年産からの本格販売に向けて、具体的な生産・販売戦略を検討していく。  →続きを読む

2017年3月29日 更新

No.800:「県推奨とやまブランド」 新たに2品目認定

No.800:「県推奨とやまブランド」 新たに2品目認定

 県は、平成28年度「県推奨とやまブランド」に富山干柿出荷組合連合会の「富山あんぽ柿」、伝統工芸高岡漆器協同組合の「高岡漆器」の2品目を新たに認定。また、「明日のとやまブランド」に「稲積梅」、「しろえびあられ」、「越中福岡の菅笠」など6品目を新たに選定した。県産品の魅力を広く発信し、ブランド力アップと富山県の地域イメージの向上につなげる。  →続きを読む

ページの先頭へもどる↑